近代競馬の歴史

競馬は奥が深く、1つのレースでたくさんの感動を呼びますよね。
先が見えないレースだからこそ、夢がある!!
そう思って馬券を買っている人も多いでしょう。
ところで、洋式競馬というのを知っていますか? 知らない方の為に、ここで少し説明したいと思います。

古くから行われてきた競馬は東京九段の後の靖国神社で行われたのですが、これはまだ同神社例大祭の奉納が目的でした。
その後明治10年には三田育種場、12年新宿の陸軍戸山学校、17年上野不忍池畔で行われていますが、いずれも継続はされませんでした。
一方、明治維新後、西欧から新しい畜産学と技術が移入されました。
同時に、米・英・仏などの諸国からさまざまな種類の馬が輸入されました。
日清戦争およびその後の北清事変などで、日本産馬が欧米諸国産の馬とくらべて馬格、能力ともに劣っていることが明らかとなったためです。
その方策として、「近代式競馬」の施行が最も効果的だとする主張がありました。
当時の日本では、賭け事となるため一部反論もありましたが、明治38年12月、馬券発売黙許の措置を講じました。
これにより、まず社団法人東京競馬会が認可を受けて、明治39年11月24日を初日とし、翌25日および12月1日、2日の合計4日間日本人による最初の馬券発売を伴ったレースが開催されました。
こうして日本中がブームに沸きましたが、去るのもまた早かったようです。
政府黙許によって始められた馬券発売は、わずか2年たらずの短命に終わりました。
しかし、政府は開催そのものを否定したわけではありませんでした。
翌年11月には、馬券を伴わないレースの開催を推進するために、施設の維持管理や賞金等に対して補助金を支出しました。
それに伴い15施行団体をそれぞれ改組合併させて、全国で11倶楽部に限定して再発足させました。
きわめて困難な状況にもかかわらず、「馬券を売らないレース」として、14年もの長期間にわたり続行されました。
その後、徐々に客脚が増え、今の競馬に繋がったと言われています。

このように、色んな苦悩を乗り越え、今の状況にまでなったのですね。
このことを踏まえた上でを見ると、また違った見方が出来るかもしれません。
レースを予想したくなった方は、一度競馬予想サイトを見てみてはいかがですか?
情報も多く含まれていますので、いつもと違ったレースを楽しむことが出来るかもしれませんよ♪



あの人毎回、結構勝っているけどなんでだろう?それは競馬予想のサイトを利用しているのかもしれません。ここには口コミなどが書かれているのでとっても参考になるんです。


What's New

2011/03/11
福島競馬場情報更新
2011/03/11
福島競馬場更新
2011/03/11
競馬エイト更新
2011/03/11
競馬予想サイトで楽々生活更新
2011/03/11
ホームページリニューアル
福島競馬場情報|競馬予想サイトで楽々生活 2011年12月06日

SIDE MENU

PICK UP SITE


ちゅどーん
無料競馬予想

みんなの競馬予想
あなたの予想を売ってみませんか?

東大式・無料データ競馬予想配信
3つのコツさえ知っていれば競馬で勝つ事はそれほど難しい事ではありません。